名所の哲学の木に×印 観光客へ抗議  NHK 北海道 NEWSで取り上げられました


今日の夕方、NHKのニュース(北海道の番組)で「哲学の木」の事が取り上げられてました。以前の記事で哲学の木に大きな×印が二つ書かれている事について書きましたが、予想通りに所有者の農家さんが観光客に抗議を示すために書かれたようです。

以下 NHK 北海道 NEWS WEBより一部抜粋**
名所として知られる木に赤いスプレーで大きなバツ印が書かれていたことがわかりました。
木が立っている畑を持つ農家の男性が、無断で畑に入り込む観光客への抗議の行動として書いたということです。
バツ印が書かれたのは、美瑛町の観光名所の一つとして知られる「哲学の木」で、この木が立っている畑を持つ農家の30代の男性が、先月中旬、幹の中央部分に赤いスプレーで書きました。

**記事より一部抜粋

放送されたニュースの動画も公開されております。いつまで公開されているかわかりませんので早めにご覧下さい。

NHK 北海道 NEWS WEB → http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20130809/3605831.html

動画の中で観光客がインタビューに答えている所がありますが、自分勝手な意見ばかりで本当に頭にきます。そこまで農家を追い込んだのは貴方たち観光客なんですよ。

私自身 美瑛にでかける度に殆どといって良い程 畑に入っている姿を見かけます。その都度注意して「畑に入ってはいけない理由」も説明しているのですがいるのですが、無視する方やくってかかる方も多く強制力の無い個人では食い止める事が難しいのです。中にはご理解頂いて畑から出てくれる方も居ますが、ここ数年非常に少なくなっています。

そろそろ行政も観光協会もマナーに訴えるだけで無く強制力のある手段で農家さんを守っていかなければいけない時期だと思います。個人的にはにはマナーに訴えかけるのは限界で有り、不法侵入に対する厳罰化を望みます。

本気で問題に対して取り組まないと、観光資源を失うのも時間の問題ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。